カテゴリー: 挽歌

評価: (16)

拍手

詠み人:

揚羽 (女性)

≫他のうたを見る
16や17で天皇の妃となって25で没するまで、定子は常に壱の人だったようですが、昔の貴人のなんと若くして亡くなられた事か。(九重)=(宮中)

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン

相市思咲(しえ)
蔓葵
矢車菊
秋日好
† 鵺雛 †
幸子

一覧

平成三十年四月十七日
九重にときめく日々は短くも 残れる名こそ尚ゆかしけれ